肌荒れ 乾燥

私もそうなのですが、年を重ねるにつれて、肌の乾燥が気になってきますよね。
秋や冬に肌が乾燥するのは当り間だけど、ふと思うと1年中、肌の乾燥を気にしていた時もあり、肌の乾燥が原因なのかはわかりませんが、肌荒れになる回数が増えたように感じた時期があります。

肌の乾燥を防ぐ、もしくは、予防や対策としてしたことは、毎日のスキンケアと保湿です。普段は基本のスキンケアとパックやクリームでしっかり保湿をして、肌の乾燥が気になる時や乾燥が気になる季節などには、保湿力の高いクリームを使ったり、保湿力の高い化粧水を使ったりしています。

なかなか肌の乾燥や肌荒れが改善されない人は、化粧水やクリームなど見直してみるのもいいと思います。何はともあれ、とにかく保湿です。



肌荒れ 化粧

やっぱり、いろいろな考え方がありますよね。
働く女性であれば、ほとんど毎日化粧していると思います。私は化粧が原因で肌荒れになったりするものだと思っていた時期もあり、休日は化粧を極力しないようにしていましたが、化粧をすることは悪くない、むしろ、少し化粧はした方がいいとも言えるみたいです。

普段は化粧して紫外線や花粉などから肌が守られているという考えもできるそうです。その考えであれば、外出するときにすっぴんだとしたら、紫外線や花粉などが肌に大きなダメージをあたえるのは予想がつきますよね。だから、紫外線や花粉などから肌を守るのならすっぴんよりも少し化粧をした方が肌にいいと思います。
だから、肌荒れを治すには化粧をした方がいい、もしくは、少し化粧をした方がいいのかなと思います。

肌荒れ 飲み薬

自分で肌荒れの改善や予防をするとしたら、生活習慣や食事を見直したり、洗って清潔にして、化粧品や薬を塗ったりするスキンケアと思いますが、サプリメントなどのビタミン剤やドリンクタイプのビタミン配合の飲み薬、漢方薬で治すことも方法として考えてもいいはずです。

ただ、すぐに効くということはほとんど無いので、最低でも1か月は飲み続けるのがいいと言われています。あと、自分に合うかどうかや効果を見極めるためにも飲み続けましょう。注意点が、効き目が感じられても、その後すぐに飲むのをやめてしまうと、また、肌荒れになってしまうので、飲み続けましょう。

ビタミン配合の飲み薬であれば、ビタミンB2とビタミンB6が含まれているものがいいですよ。ビタミンB2とビタミンB6は、肌のターンオーバーを正常にし、皮脂の代謝を促し、過剰な皮脂分泌を抑える働きが期待できるので良いと言われています。私も実際に、ビタミンB2とB6が含まれているものを選んで飲んでいます。内側からのケアも大事なので、試してみる価値があると思います。


肌荒れ 冬

乾燥する冬は、肌荒れしやすい季節でもありますよね。
意識していても、気づくと肌荒れになっていたりします。しかも、夏にできやすいニキビが、意外と冬にできやすいという方もいるはずです。

原因は、毎日の生活習慣や食生活だと思うのですが、やっぱり、肌の乾燥も原因ですよね。外は気温湿度ともに低いし、汗はかかないし、室内は暖房でカラカラ!!
だから、乾燥によるバリア機能の低下などで、肌が乾燥していてもニキビはできてしまうのだと思います。乾燥による肌荒れやニキビの最大のケアは、「保湿」だと思うので、肌にたっぷり潤いを与える保湿ケアを重視しましょう。

そして、冬は室内にいることが多いはずです。室内にいれば、エアコンを長時間使うと思いますが、その時に加湿器を使わないでいると、どうしても乾燥してしまいます。

その乾燥の対策としては、時々空気を入れ換えたり、濡れたタオルなどを室内に干したり、加湿器を使うくらいしか思いつきません。なんだかんだ言っても、加湿器が一番手っ取り早いと思います。加湿器を使って湿度を保ち、潤いある肌を保ちましょう。

もし、加湿器をお探しの方がいれば、こちらからどうぞ↓




肌荒れ 漢方

肌荒れになりそう、もしくは、なっているとすぐには治せないので、塗り薬や化粧品を使うと思うのですが、肌荒れ予防や改善を目的にするなら、体の内側や内臓からもケアすることが大切です。その時、大事なのが食事ですが、多くの方は食事のほかにサプリを飲んでいると思います。

食事をしっかり食べ、サプリを飲んでも、同じ症状を繰り返したりして、治ったようで治っていないことがありませんか?

肌荒れの原因の一つとして、肌にいい栄養が不足していることがあります。消化機能が低下して体全体の栄養状態があまり良くないことなどもあるかもしれません。そういう時は、サプリではなく、漢方に変えてみるのも1つの治し方だと思います。
ただし、他に薬を服用している場合は、漢方を飲み始める前にかならずかかりつけのお医者さんや薬剤師さんに相談しましょう。