肌荒れ 化粧水 つけない

何でもそうですが、摂りすぎる、やりすぎる、つけすぎるなど過剰にしてしまうことはよくありません。
化粧水もその一つです。
化粧水をつけないと肌が乾燥してしまうと思っていませんか?

化粧水は基本的に肌を保湿するためには欠かせないものですが、化粧水をつけすぎてしまうと肌を過剰に保湿してしまい、自力で保湿することができなくなり、逆に肌荒れになってしまうこともあります。
それとは逆に化粧水をつけないと、皮脂の分泌が多くなってしまいニキビができてしまうこともあるので、乾燥しているのであれば、少しくらいは、化粧水をつけるようにしましょう。
もしくは、洗顔後、化粧水の代わりに保湿クリームやオイルで保湿したりするのもいいと思います。ただし、油分が多い保湿クリームの使用やオイル成分が肌に合わなかったりすると肌荒れになってしまうので、注意が必要です。

乾燥しないためには、肌自体の保湿力が大切です。それには、過剰に保湿をしないことです。
お肌の状態は、日によって違ったり、人それぞれなので、化粧水をつける、つけないは自分の肌と相談しながら行うといいでしょう。